夏休みの宿題

f:id:brassicarapa:20180831022643j:plain

夏も終わりに近づき、長男の宿題を何とか終わらせねばと、気持ちがあせった・・・。絵日記が完全に手付かずなのに、

「やりなさい。」

と言っても、取り出そうともしない。最近、やっと字を覚えてきたばかりなのに、文を作れるところまで授業は進んでいるのだろうか。

 

 先生の話によると、主語の後につける「は」と「わ」の違いに苦戦しているとのこと。それでは、文は作れないのではないか。

 

 自分が、子どものころを思い出してみても、そんな最初のところでつまずいた記憶はなく、なんと教えればいいのか分からない。記憶にあるのは、課題に出されてもいないのに「UFOをみた」という作文を提出したことくらいだ。

 

「まず、絵だけでもかきなさい。」

と言ったが、取り組む様子はない。勉強は苦手でも、絵なら好きという子ならまだいいのだが、この子は絵も好きではない。

 

仕方がない・・・。見本を書くことにした。手出しし過ぎではないかと、何度も考えた。親というのは、どこまで子供の勉強に関わるべきなのだろうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村